屍バッテリー交換

やっと!やっとお別れできるんだね!屍バッテリー...。幾度となくオドメーターがリセットされてきましたが、これでもうそんな日々とはおさらばです。バッテリーが死ぬとあらゆる障害がでてきます。まずメーター(デジタル)がブレーキを握るたびにOFF→ON(ストレスたまるよ)。そしてたまにオドメーター含め、設定が全てリセットされます。水温計は著しく不安定になり、ウィンカーがハイフラに、ヘッドライトも役に立たなくなります。とまぁいいことはありません。

今回利用したのは、『バッテリーウェブコム』というバッテリー販売専門のサイトで、品揃え・価格ともにオススメ。対応も良く、23日注文で今日(27日)届きました。届いた宅配物を見ると、ダンボールにはなぜか『塩バニラ』の文字...。中には本体と電解液が入っていました。自分で電解液を入れるんですが、説明書が付いているので初めてでも問題ないと思います。ただ換気は十分に!本体の反対側から懐中電灯で照らして液面を揺らすと、水量が分かりやすいです。

新旧比較。左が今回取り付けたGS YUASAのYB2.5L-C、右が古河電池(FB)のFB2.5L-Cです。サイトの商品一覧に各社互換表が載っているのでメーカー乗り換えも簡単。今回はせっかくなので信頼性の高いYUASAに交換しました。

バッテリーを取り付け、イグニッションON!おおおー!!まばゆい程の光!いやー感動しました。そして感動のあまり、ちょっとそこまでのはずが気付けば30km離れた宗像のY邸でした。バッテリーの大事さをしみじみ感じたこの頃。今までありがとう、FB!

Trackback×0

トラックバックURL: http://301-6.jp/mt/mt-tb.cgi/19

Post Your Comment

Web Page