4台目の相棒、GB250クラブマンがやってきた!

突然ですがみなさん、Myガレージに新たな仲間がやってきましたよ!HONDA GB250クラブマンです!ことの発端は昨日親父から届いた一通のメール。「クラブマン、15,000円。かけたばっかりの保険に15,000円かかってるから事実上ただ。買おうか?」と写真付きで送られてきたので驚きつつも欲しい旨を伝えると、「了解。」の一言。相手は親父の会社の同僚で、自分は400を買ったので息子に譲ったところ、交差点でコケて骨折。「もうバイクは乗らん!」とはぶてたので貰い手を探していたらしい。

そもそもクラブマンとは、1983年にCBX250RSの派生車種として発売されたバイクで、ホンダ独自の「RFVC」という放射状4バルブ方式燃焼室を持つ、空冷・4ストローク・DOHC4バルブ・249cc単気筒エンジンを搭載しています。1万rpmまで軽々回る高回転型エンジンは、トラディショナルな外見と相反した性能を発揮。1997年の最終モデルまでに、E、H、J、L、P、S、V型の7モデルがあり、長年愛されてきた熟成モデルで、ぼくのは1988年のJ型です。L型以降はタンクやシートの形状がガラリと変わっています。

なにを隠そうわたくし、クラブマンが大好き!Nがどのバイクを買おうか悩んでいたときも猛プッシュしたし、好きなバイクBEST10にも余裕でランクイン(1位はもちろんKSR)。特に好きなのがカフェレーサー仕様のカスタムで、あのロングタンクとセパハンのかっこ良さといったら…んもぉ~ぞくぞくするよね!そんなぼくなので迷わず即決なのだー。所有バイクが増えると乗らないバイクが出そうでこわいので、基本的な乗り分けを整理してみた。

  • Kawasaki KSR-2→メインバイク
  • HONDA GB250 Clubman→セカンドバイク
  • TOMOS→トコトコバイク(修理中)
  • SUZUKI GSX250S KATANA→ツーリングバイク(修理中)

メインバイクとセカンドバイク逆やろ!ツッコミありがとうございます。あくまでメインはKSR。早めに純正部品ストックしまくって死ぬまで乗らせていただきます。カタナは重すぎて日常の足としては乗りづらいので、ツーリングがメインになるかと。それにしてもこのガレージ、ポケバイも入れると8台。さらに親父のCB1300SBとフォルツァも入れるとまさかの10台!近所の人に「あっら~、ここはバイク屋んごたんねぇ」と言われるのもうなずける。あ、そういえばYAMAHAがない…次はTZR125か!?

そんなわけで今日、会社の駐輪場に引き取りに行ってきました。写真写りが良すぎたので実物は少しだけ期待をはずれたけど、年式の割に目立つギズやサビも少なく、磨けば結構キレイになりそう。さっそくその足で陸運局に向かい名義変更。そこまではもちろん安全運転でしたが、名義変更してMyバイクになったので上まで回しながら遊んで帰宅。そのときの第一印象は、「曲がりにくい…」「もっさり…」って感じ。といってもこれはKSRとか友達のバリオス(250cc4気筒)に乗り付けていたからで、250cc単気筒のなかじゃかなり走る方だと思います。

帰宅後まずは各部のチェック。20年以上前のバイクとしては、サビや損傷も少なくなかなかイイ玉です。走行距離は4万弱。フォークにもサビはなく、灯火類も完調です。マフラーにはアルミステッカーが貼ってあり、「ヨシムラか!?」と思ったら「ムラムラ」でした。乗ってるときむずむずすると思ったらなるほどね。

さっき乗ってみてハンドルの立ち上がりが高くて腱鞘炎になりかけたので、親父が持っていた新品ハンドルバーを譲ってもらい装着。ついでに動きが渋かったアクセルワイヤーに注油して、ブレーキフルードもごっそり交換。腐海のようでした…。ポケバイ用に仕入れた激安フットポンプもタイヤの空気入れに大活躍です。ただし微調整は正確なエアゲージで。それと走ってるとスピードメーターの針がピョンピョン跳ねて楽しいのですが、これはメーターワイヤーのオイル切れが原因らしいので明日メンテします。他にも伸びまくりのチェーンと、スカスカのリアブレーキシューも後日。

ひと通りチェックが終わったので、いつもの海岸コースを走ってきました。第一印象では乗りにくかったんですが、軽い車体も相まって慣れてきてからはよく曲がるようになりました!エンジンも面白く、3,000~4,000rpmだと単気筒の鼓動を感じながらまったりできるし、7000rpmからは性格が変わりメリハリよくワインディングを楽しめたりと、気分に合わせて走ることができます。新ハンドルはポジションが楽になり、前傾姿勢もやりやすくなりました。痛かったシートも前傾になりお尻を少し下げると丁度痛くなくなり、むしろ座りやすいです。少し前傾の方が案外乗りやすかったので、街乗りの時もこのポジションでいけそう。全体を通して大満足でした!でれでれ。

カスタムの方向性としては、俄然カフェレーサー!と一口にいっても結構幅があるので、細かいスタイルは徐々に決めていきたいと思います。まずは実用的な部分から!最後に今後ぼちぼち変えていきたいパーツをメモメモ。

  • 前後タイヤ(後輪が坊主!定番のTT100か、もし履けるのならハイグリップなTT900GPやK300GPも…)
  • セパハン&トップブリッジ&ミラー
  • メーター灯のLED化(もちろん白)
  • 時計
  • 前後メッキフェンダー
  • オイルクーラー(夏までには!)

すべての写真 : 11photos

Trackback×0

トラックバックURL: http://301-6.jp/mt/mt-tb.cgi/190

Post Your Comment

Web Page